「クルマ社会を問い直す会」トップへ     

アンケートにみる「クルマ社会と子ども」 本報告書
        最終更新日:2004.03.25


アンケートにみる

クルマ社会と子ども



今私たちは、自動車に大きく依存した社会で生活しています。
それは便利で快適な暮らしといえる反面、
交通事故、環境汚染、子どもの遊び場の減少や体力低下など、多くの問題も含んでいます。
特に、15歳以下の子どもの歩行中・自転車利用中の交通死傷事故が年間6万件近くも起きていることは、
深刻な事態です。
心身の未成熟な子どもは大人以上に身の危険にさらされていますが、
それを伝える力を持ちません。

このアンケートでは、保育園・幼稚園・小学校などの先生や保護者、小学生らを対象に、
子どもたちのおかれている交通環境の現状を中心に、
クルマ社会の利便性の陰に隠れてしまいがちな問題点を尋ねてみました。
ほとんどの人がクルマを使う、あるいは使わざるを得ない今日ですが、
多くの方が真剣に考え、回答を寄せてくださいました。

子どもの命と健やかな成長を守り、
また、すべての人々にとって望ましい社会を考える一助として、
参考にしていただければ幸いです。

■報告書 →PDFファイルで提供しています。WWWは未整備です。

 セクションPDFページ
 (ダイジェスト版)di.pdf 
 ダイジェスト版英訳 (Abridged edition)
A Questionnaire Survey:
Children and the Car-dominated Society in Japan.
eng.pdf 
 表紙と目次001.pdf1〜3
 アンケート報告ダイジェスト版より004.pdf4〜6
 アンケート実施時期・対象・回答者数・設問概要など007.pdf7〜9
【1】保育園・幼稚園・小学校周辺の交通量や戸外活動の様子など01.pdf10〜11
【2】子どもの遊び場・子どもの移動手段など02.pdf12〜15
【3】日常生活でのクルマの危険の感じ方03.pdf16〜19
【4】子どもたちの歩行環境(具体的にどのような危険があるか)04.pdf20〜37
【5】子どもの行動傾向05.pdf38〜41
【6】クルマ社会の心身への影響06.pdf42〜45
【7】マイカーの使用状況など07.pdf46〜52
【8】道路・交通対策への要望08.pdf53〜56
【9】子どもたちの、遊び場についての夢09.pdf57〜59
【10】クルマ社会の問題についての子どもたちの認識度10.pdf60
【11】クルマ社会と子どもについての自由意見11.pdf61〜67
 アンケート設問内容(全文)・回答者の居住地内訳・さいごにz68.pdf68〜72

※このWWWページで提供する情報は、クルマ社会を問い直す会が独自に調査したものです。引用等の場合には必ず出展を明記ください。ご利用いただく場合にはご一報いただけますと幸いです。
「クルマ社会を問い直す会」トップへ