「クルマ社会を問い直す会」トップへ     

6団体連名で飲酒運転対策 外食店に質問・要望

最終更新日:1999.12.10

【要点】

 ・私たちは、クルマの飲酒運転者・飲酒運転事故を少しでも減らしたいと考えています。
 ・現在は運転者への啓蒙アピールは多くても、その原因である「酒類を出す側」の責任が問われていません。
 ・現在の酒類提供の状況は違法状態です。それが放置されています。
 ・飲酒の機会が増えるこの機会に、大手飲食店業者26社と2業界団体に対し、具体的な改善を要望しました。
 ・各本社へ社長様宛てで、12月7日に郵送しました。
 ・質問書という形で解答用紙・返信用封筒を同封しました。回答の有無・内容は1月末にまとめ、再度ご報告します。
 ・自動車問題に取り組む団体と、飲酒問題に取り組む団体、合計6団体、主旨に賛同し連名で出しました。


 交通安全運動などでは、「飲んだら乗るな」などの標語の呼びかけなどにより、運転者への心構えを繰り返し伝えています。しかし、これだけでは現状を改善することは、ほとんどできていません。根本的にはその原因に物理的な対策を施すことが必要です。つまり運転予定者へ酒類が提供されない状態が望ましいのです。そこで私たちは直接、飲食店業者への呼びかけを行うことにしました。

 なおこの内容については、警察庁交通企画課・厚生省生活衛生局指導課・通産省消費者相談室にも、指導要望を添えて提出しました。





酒類提供に関する質問・要望書(外食店に提出)1999.12.10

「クルマ社会を問い直す会」トップへ